リンパ球バンク株式会社 免疫療法総合支援サービス

リンパ球バンク株式会社 免疫療法総合支援サービス

■癌治療・がん免疫療法とは

ANK(Amplified Natural Killer)活性化自己リンパ球免疫療法(通称、ANK療法)は、免疫細胞療法もしくは、活性化自己リンパ球移入法等と呼ばれる、がん治療の一種です。

乳がん、前立腺がん、肺がん、胃がん、大腸がん、食道がん、腎がん、膵がん、肝がんなど、固形がんをはじめ、肉腫、ATL(成人T細胞白血病)などの白血病、あるいは悪性リンパ腫など、一般に「がん」と称される全てが治療対象となります。

まず、患者様の血液5~8リットル相当を体外に循環させ、リンパ球を分離して採りだし、残りの血液成分の大部分はその場で体内に戻します。

採取されたリンパ球は、その日の内に、京都の培養センターに運ばれ、リンパ球に一部含まれている「がん細胞を傷害する能力が圧倒的に高いナチュラルキラー細胞(NK細胞)」を活性化しながら、同時にNK細胞だけを選択的に増殖させ、点滴で体内に戻します。

newbook-2

点滴によって体内に戻されたANK細胞の作用や影響は、

1. 直接、体内のがん細胞を傷害します。

2. 体内で、免疫刺激系のサイトカイン類を多種大量に放出します。そして、体内に沢山いる活性が低下しているNK細胞の活性化を促します。

3. 活性化したNK細胞に誘導され、CTLというT細胞の一種も活性化され、がん細胞への攻撃に加わります。

NK細胞は、活性が高ければ、どのようながん細胞でも傷害します。

これまで、高活性NK細胞に傷害されないがん細胞はみつかっていません。

活性が高いNK細胞は、細胞内に大量の「爆弾」を抱え、素早くがん細胞を始末します。

その攻撃力は、他の免疫細胞を全く寄せ付けませんが、大量の爆弾が、培養中に自爆を招きやすいため、培養の難しさも、他の免疫細胞や、活性の低いNK細胞を培養するのとは訳が違います。

人体から採りだしたばかりの「野生」のNK細胞を強く活性化すれば、数十種類のセンサーを細胞表面に発現し、これらを組み合わせて、がん細胞と正常細胞の様々な細胞表面物質の分布パターンの違いを認識し(つまり、「顔つきを見る」のです)、相手ががん細胞であれば、どのようなものでも特異的に(狙い撃ちで)傷害し、正常細胞は傷つけません。

NK細胞の活性が低下してくると、傷害しないがん細胞の種類が増え、多くの場合、MHCクラスIという物質を発現しているがん細胞は攻撃しない、といった、NK抵抗性という現象がみられるようになります。

●詳細はリンパ球バンク株式会社HP

ANK免疫細胞療法の治療実績

ANK免疫細胞療法の治療の流れ

ANK免疫細胞療法の治療の費用

全国の「ANK免疫細胞療法」実施医療機関

●ANK免疫細胞療法のお問い合せ・ご相談 TEL:0120-51-2251

◆お問い合せ受付時間 月~金 9:30~16:30 上記時間外は留守番電話にて承ります。

スポンサード・リンク



関連情報



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です