ガンの早期発見が難しい理由

ガンの早期発見が難しい理由

●がんを発見しにくい理由

日本人の死亡原因の3分の1を占めているのは「がん」です。

医療技術が進歩しているといわれていますが日本人のがん死亡率は一向に下がる気配がありません。

なぜ、がん治療には大きな進歩が見られないのでしょうか?

がん細胞は何らかの理由で病変した体の細胞ですが、もともとは患者本人の細胞です。

異常に変化して体からの命令に従わなくなり、勝手に増殖して周囲の組織を壊しすことで病気を引き起こす細胞を「がん細胞」と定義しますが、元は同じ体の細胞です。

そのため「正常細胞」と「がん細胞」を細胞レベルで区別することがとても難しいのです。

このような理由から異常細胞が大きな塊 ( 腫瘍 ) になってからでないと「がん」と診断しにくいのです。

kenshin02

現在の最先端の画像診断技術を駆使しても1センチより小さい腫瘍を見つけることは困難です。

仮に見つけたとしても1センチ腫瘍といっても、それを細胞レベルで見た場合は、既に「がん細胞」の数で考えると約10億個もの膨大なレベルになります。

細胞レベルで「正常細胞」と「がん細胞」の判定しなければ「がん」を早期に発見できないのですが、現代の医学を持ってしても、それは技術的に出来ません。

「がん」の判定には、腫瘍マーカーによるがん細胞の測定もありますが、腫瘍マーカーの数値がそのまま体内のがん細胞の数に比例するとは限らないので、ある一定の目安程度にしかなりません。

また腫瘍マーカーを利用できない患者さんも数多くいます。

●詳細はみたかヘルスケアクリニックHPをご覧下さい。

スポンサード・リンク



関連情報

  1. ガンになりたければガン検診に行くべし


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です