薬は毒!

薬は毒!

アメリカの医科大では「薬は毒である」とまず教えるそうです。 薬は表面に見える症状をなくしたり軽減したりするのに役立つことはあるけれども、『症状がないこと = 健康』ではありません。 いくら薬を与えられても、病気の根本原因は取り除かれることはなく、薬をいう体にとっては異物の侵入がもたらす弊害は、体の組織を徐々に傷つけていくことを促進させるばかりです。

薬に病気を治す力はない!唯一治すのはあなたの中の自然治癒力だけ

■薬は毒! 日本人は大の薬好きのようです。ちょっと風邪気味だ、やれ頭痛がする、胃が痛いなどというとすぐ家庭の常 […]…

薬の副作用はもとの病気より怖い

薬の発明はこの世の最大の悲劇です。 薬は、自然の警告システムを働かなくし、危険な行為(病気の根本原因である誤っ […]…