現代西洋医療の限界

ガン免疫細胞療法ガイド.com > 現代西洋医療の限界

現代西洋医療の限界

対症療法が主体の現代西洋医療では、ガンやアトピー・アレルギー、肝臓病、腎臓病、リウマチなどの慢性病、生活習慣病の根治は残念ながら困難なのです。

ガンは全身病であるから局所的な治療法である放射線や手術での完治は難しい

不適切な食習慣を主として起因するガンなどの難病、慢性病、生活習慣病は全身病であり、対症療法が主体の現代西洋医学 […]…

病気の大元の原因は三度三度の食事にあり!

■国民医療費が目覚ましい勢いで増大 国民医療費が目覚ましい勢いで増大し続けています。平成23 年度の医療費は、 […]…

西洋医療は診断技術や急性病、外傷や外科的疾患が優れているが慢性病は不得手

西洋医学は進歩しているのに、病人は増えるばかりです。 私の住む福井県の県立病院には、陽子線がん治療センターがあ […]…

死因の第一位は「医師による治療」

【医者がストをすると死亡率が低下!?】 1,973年、イスラエルに医者のストが決行され、診察する患者の数が一日 […]…

薬に病気を治す力はない!唯一治すのはあなたの中の自然治癒力だけ

■薬は毒! 日本人は大の薬好きのようです。ちょっと風邪気味だ、やれ頭痛がする、胃が痛いなどというとすぐ家庭の常 […]…

薬の副作用はもとの病気より怖い

薬の発明はこの世の最大の悲劇です。 薬は、自然の警告システムを働かなくし、危険な行為(病気の根本原因である誤っ […]…