放射線療法の危険性

放射線療法の危険性

日本の医療での放射線による被爆レベルは世界平均の4~5倍であり、放射線技師や医師などについては、浴びる放射線量は法律で定められていますが、患者さんにはなく、放射線の浴び放題となっています。

抗がん剤と放射線治療の弱点

もし、細菌であれば私たちの細胞には存在しない細菌特有の物質をいくつも持っているため、細菌だけを標的に狙い打つこ […]…

放射線治療の副作用

■ 放射線治療の副作用 放射線治療の副作用には、放射線治療後、数週間以内に症状が現れる「急性放射線障害」、放射 […]…

患者さんは放射線の浴び放題! 医療による被爆レベルは世界平均の4~5倍!

一昔前、放射線は水虫治療にも使われていましたが、現在ではこのような治療法は笑い話の種となっています。日本で毎年 […]…