抗ガン剤の副作用

抗ガン剤の副作用

抗ガン剤の起源は第一次世界大戦で使用された毒ガスにあります。 抗ガン剤には、 ・脱毛、食欲不振、下痢、口内炎、皮膚炎 ・白血球の減少、色素沈着、胆汁うっ滞、膀胱炎 ・肝臓障害、腎臓障害 などの副作用があり、日本だけでも数十万人が副作用で死亡しています。

抗がん剤と放射線治療の弱点

もし、細菌であれば私たちの細胞には存在しない細菌特有の物質をいくつも持っているため、細菌だけを標的に狙い打つこ […]…

惨憺たる抗ガン剤の恐怖

【 抗ガン剤とは?】 主としてガンが細胞分裂する過程に働きかけ、細胞の増殖を妨げます。細胞が成長するのに必要な […]…

惨憺たる抗ガン剤の副作用 貧血や深刻な感染症、出血など様々な症状が…

【 抗ガン剤とは?】 主としてガンが細胞分裂する過程に働きかけ、細胞の増殖を妨げます。細胞が成長するのに必要な […]…