ガン免疫細胞療法ガイド.com

ガン免疫細胞療法は、副作用が少なく体にやさしい、最も注目されている最先端医療であり、このガン治療法は急速に普及しつつあります。

ガンの早期発見は難しい…

現在の最先端の画像診断技術を駆使しても1センチより小さい腫瘍を見つけることは困難です。


仮に見つけたとしても1センチ腫瘍といっても、それを細胞レベルで見た場合は、既に「がん細胞」の数で考えると約10億個もの膨大なレベルになります。


細胞レベルで「正常細胞」と「がん細胞」の判定しなければ「がん」を早期に発見できないのですが、現代の医学を持ってしても、それは技術的に出来ません…


抗がん剤と放射線治療の弱点

現在のがん治療に使われている殆どの抗がん剤の場合、がん細胞だけを標的に死滅させることができず、「増殖中の細胞」を標的にしているため、がん細胞より先に活発に活動している正常細胞も無差別に殺してしまいます。


がん細胞も死滅しますが、それより多くの正常細胞が死滅してしまうため、抗がん剤を継続して投与し続けることは患者に大きな負担を与えるだけで、がんの抜本的な治療にはなりません…


ガンは全身病であるから放射線療法や手術での完治は難しい

ガンの腫瘍は、一つのガン細胞が増殖して出来たものです。僅か1センチの腫瘍でも、それを形成する細胞の数は何億にも及びます。 ですから、そこまで増殖するのに要する時間は決して短いものではありません。


ガンが生活習慣病である以上、何処かにガン細胞が出来たということは、その間に、腫瘍までに成長していないガン細胞がすでに全身に生まれていると考えられます。


目に見えないからといって、ガンがないと考えるのは危険です。


日々の生活によって体内に蓄積された「毒」は、まるで時限爆弾のように全身の細胞に仕掛けられているのです。


その無数にある爆弾のどれが最初に爆発するかは、その人の遺伝的要因や、生活環境などによって違います。


食品添加物や農薬を使って育てたものばかりを食べていた人は、解毒を司る肝臓に仕掛けられた爆弾が最初に爆発するでしょう。


食事時間が不規則でお茶や胃薬をよく飲んでいた人は、胃の爆弾が爆発するかも知れません……


■薬を使わず難病を治療する凄い先生のご紹介


医療法人山下医院

TEL:06-6645-7131

住所:〒556-0005 大阪市浪速区日本橋 4-1-16


鶴見クリニック

TEL:03-3553-7710

住所:〒104-0032 東京都中央区八丁堀 1-7-7 長井ビル4F


■自然療法という選択肢もあります


免疫療法というのはかなり高額な治療法で、セダンが1台買えるくらいの費用がかかります。

そこで、私が一度検討して頂きたいと考えるのは、東城百合子先生の自然療法です。

東城百合子先生は、「あなたと健康社」を主宰しておられ、自然療法の指導もなさっております。自然療法は、玄米菜食を主として、薬草やお手当で人間本来備わっている自然治癒力を回復し、健康をとり戻していくやり方です。

東城百合子先生の自然療法によって、ガンや肝硬変、糖尿病などの難病や生活習慣病を治された方が沢山いらっしゃいます。

月刊誌『あなたと健康』購読が条件ですが、2,520円で年間購読出来ます。東城百合子先生は、非常に良心的な先生だと、私は思っています。

月刊誌『あなたと健康』の読者となって、あなたと健康社とコンタクトをとられてはいかがでしょうか?

☆あなたと健康社については下記のHPに詳しく紹介されいます。
http://www.binchoutan.com/toujou_repo.html

■あなたと健康社連絡先

〒157-00006 東京都世田谷区成城 2-35-13 
(TEL) 03-3417-5051 (FAX) 03-3417-5200

◇トッピクス◇

◇何故、現代西洋医学は生活習慣病や慢性疾患、難病に無力なのか?◇


薬は毒、治す力はない!唯一治すのはあなたの中の自然治癒力だけ

いくら薬を与えられても、病気の根本原因は取り除かれることはなく、薬をいう体にとっては異物の侵入がもたらす弊害は、体の組織を徐々に傷つけていくことを促進させるばかりです。

「風邪」のような単純な病気をガンのような複雑な病気にさせてしまう最大の原因は、現代医学による介入です。
症状を薬で抑え、体内毒素の排泄を人為的に失敗させてしまうからです…


病気の大元の原因は三度三度の食事!

日本では何故か封印された画期的なマクガバン報告。

・問題の鍵は食べ物だ。食べ物を改めればアメリカの病根はたちどころになくなる

・ガンは、みな肉食の過剰によるものだ(ハーシャフト博士)

・脂肪を沢山とれば乳ガンが増える(ワインダー博士)

・現代医療は、外因的な障害にはめっぽう強いが、慢性病のように長年の生活上の要因が複雑に絡み合って引き起こされた内因的な障害については、今の医学では手の施しようがない。

  … …


惨憺たる抗ガン剤の副作用

抗ガン剤には、
・脱毛、食欲不振、下痢、口内炎、皮膚炎
・白血球の減少、色素沈着、胆汁うっ滞、膀胱炎
・肝臓障害、腎臓障害

などの副作用があります。

毒ガスの研究からヒントを得た毒薬であるからでしょう、
日本だけでも数十万人が副作用で死亡しています…


細胞が活発になれば、病気は治る

私たち人間の体は六十兆の細胞から成り立っています。 そしてこの細胞が開いた時に栄養をもらい、閉じる時に老廃物を出します。

こうした細胞の開閉運動が内臓を動かし新陳代謝を行っているから、 健康に生きることができるのです。

細胞の働きが鈍くなると、毒素も排出できなければ、
栄養補給もできなくなります。 こうした状態が病気なのです…


スポンサード・リンク


帯津三敬塾クリニック 東京池袋

ホリスティック医学を目指して29年になります。池袋の地にクリニックを開いて8年目。もともとクリニックは、ここに […]…

温熱療法とは?

温熱療法は、がん細胞が正常細胞と比べて熱に弱いという性質を利用した、がんの治療法です。温熱療法には、全身を加温 […]…

宮城県の医療機関(免疫細胞療法)

医療機関名 所在地  TEL  1 きぼうの杜クリニック 仙台市青葉区芋沢字権現森山82-14 0120-89 […]…

患者さんは放射線の浴び放題! 医療による被爆レベルは世界平均の4~5倍!

一昔前、放射線は水虫治療にも使われていましたが、現在ではこのような治療法は笑い話の種となっています。日本で毎年 […]…